ATR: Advanced Trap Receiver(アドバンスド トラップ レシーバー)

ATR: Advanced Trap Receiver

ATRとは

Advanced Trap Receiverは、SNMPトラップ情報と自由に設定できるイベント名称、カテゴリ、深刻度等の情報を追加したイベントデータを生成し、トラップ監視運用のさらなる効率化を実現いたします。また生成したイベントデータは連携機能を実装するアプリケーションやスクリプト等で自由に利用することができ、応用的なトラップ監視運用を希望されるシステム運用管理者様やシステムインテグレーター様の様々なニーズに対してフレキシブルにサポートいたします。

ATRの特徴

ATRでは受信トラップの情報と合わせて、以下の情報を追加した イベントデータを生成します。

syslog-ng Store Box

ATRの生成イベントデータはさまざまなアプリケーションで活用できます。
ATRの生成イベントデータはMySQL(MariaDB)に保存されます。
独自のWEBページや、連動機能等を実装するアプリケーションで活用することができます。

syslog-ng Store Box

主な機能

ユーザーフレンドリー

トラップの登録やイベント参照はPCやタブレットのWEBブラウザから簡単操作

ベンダー制約なし

ベンダーおよびメーカー各社のSNMPトラップをトータルに管理

アプリケーション連携

連携機能を実装するアプリケーションやスクリプト等でイベントデータを活用

syslog-ng Store Box

その他のさまざまな機能

●ログ参照

期間を指定し、イベント内容や確認、クリア操作の履歴を参照することができます。
カテゴリ、深刻度、イベント名称、エージェント、ホスト名(IPアドレス)、トラップOIDを抽出指定することができます。
(CSV出力対応)

syslog-ng Store Box
●snmptrapdログ参照

ATRの生成イベントのソースとなるsnmptrapdの受信トラップを参照することができます。
ホスト名、IP情報、バインド値を抽出指定することができます。

syslog-ng Store Box
●トラップ設定検索

生成するイベントのトラップOID(条件)を検索することができます。

syslog-ng Store Box
●トリガー設定検索

生成するイベントをカテゴリ、深刻度、イベント名称など指定して検索することができます。

syslog-ng Store Box

Advanced Trap for Zabbix

Advanced Trap for Zabbixは、Advance Trap ReceiverとZabbixを連携し、ZabbixでのSNMPTrapの監視、運用を効率化するためのソリューションです。

syslog-ng Store Box

資料ご請求、お見積りご依頼、また、お客様先にて詳細ご説明、評価版ご提供等、何かご要望がございます際はお気軽にお問い合わせください。